我が子が、妻が、突然の家出そんな時あなたはどうします?いざという時のために覚えておきましょう。

 

家出に対して取れる方法は大きく分けて3つあります。

 

1)警察に捜索願いを出すまずは警察に行きましょう。

 

事件性がない限りは積極的に捜査してもらえず、事件事故に巻き込まれてから見つかることが多いのですが、無料で利用でき、また捜査範囲が全国であるのは大きなメリットです。

 

基本的に捜査届けは親族が出す必要があり、以下のものが必要になります。

 

・届出人の身分証明書・届出人のと印鑑・家出人の半年以内の写真・家出人の情報(身長や体重、仕事先など)もしもの時のためにも家族の写真はまめに撮っておきましょう。

 

2)自力で探す次に、自力で探してみましょう。

 

警察に捜索願いを出す前にすでに探しているはずですが、友人、親、親戚などを小まめにあたりましょう。

 

匿っている人がいる場合も警察に捜査願いを出していることを知ると口を割ってくれるかもしれません。

 

また、失踪者が手がかりを残している可能性がありますのでメモなどもきちんと調べましょう。

 

行方不明者を探すための掲示板やtwitterなども利用するのも一つの手です。

 

3)探偵・興信所に依頼する最後に、どうしても見つからない、或いは早急に見つける必要がある場合は興信所に依頼しましょう。

 

費用がかかってしまう欠点がありますが警察と違い、事件性が無くても積極的に捜査してくれます。

 

できることなら事前見積もりをもらえるところに依頼しましょう。

 

家出は年間8万件も起きています。

 

まさか自分の身の回りで起こるなんてと、途方にくれないように最低限の準備はしておきましょう。